*

ビジネス

興味があった家のリフォームの話。

週刊誌の宣伝広告、スポーツ新聞、街中に張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールなどで、「多重債務の整頓いたします」「多重負債をひとつにしたくありませんか」という内容の広告を見かけることがあります。

 

これらは、「片付け屋」「買取専門屋」「つなぎ業者」と呼ばれている業者の広告のケースがあるということです。

 

こういったものを使用した場合では自己破産申請の流れの中で最優先の免責許可を受け取れないパターンがあります。

 

「片付け屋」の場合、宣伝などで多重負債者をおびきよせすさまじい依頼料を取り債務整理をしますが、負債整頓は実行されずに、負債者はもっと債務地獄に堕ちてしまう失敗がほぼ全部と思われます。

 

「買取業者」というのは、債務者のクレジットカードで電気製品、飛行機の利用券を山ほど仕入れさせ負債人から品を買った値段の30%から半値で購入するという方法を使っています。

 

当人はその瞬間はキャッシュがもらえますが少しすればカード業者からの買ったものの売値の請求がくることになり、現実には債務額を悪化させる結末で終わります。

 

このケースではカード会社への犯罪として免責承認を受けられなくなります。

 

「紹介者」では、名の知れたサラリーマン金融から拒絶された借金者に、業者として融通は全然せずに、資金提供をする他の店を教えて、すさまじい紹介料を受け取る悪徳業者です。

 

紹介者は自分の紹介でお金を貸し出し可能となったというようにしゃべりますが、実際には何もしていなくて、ただ規程の甘い店を説明しているだけなのです。

 

この場合だと結局のところ借金を増やす結果となります。


テスト

テスト記事です。